九星気学

 

九星気学の特徴

九星気学は、気学・九星術・九星占い・方位学などとも呼ばれています。
古代中国の思想に端を発し、それが日本で独自に体系化された占術です。
性格や運勢以外に引っ越しや旅行など、移動を伴う行動の吉凶を占うのに使われます。

 

九星気学の歴史

中国古代の河図・洛書を起源にして、
大正時代に日本で確立された開運方位占いです。

河図は、伝説では黄河から出現した龍馬の背中に描かれていた模様のことで、
1から10までの数が北・南・東・西・中央に配置されている図です。
洛書は、亀の甲に描かれていた模様のことで、
1から9までの数が九箇所に配置されている図です。

 

九星気学の手順

生まれ年から、
一白水星、二黒土星、三碧木星、四緑木星、五黄土星、
六白金星、七赤金星、八白土星、九紫火星
の9つの星のうち、自分がどれに当たるのかを割り出します。
それを元に、性格や運勢、吉方位を占います。

 

九星気学の属性

命術

 

必要なデータ

「生まれた年」で占います。

 

原稿料御見積

掲載する媒体やテーマ数によって、原稿料が変わります。

詳しくはお問合せください。

 

 

Copyright© 2012-2015 プロ占い師による占いコンテンツ制作 All Rights Reserved.