人相

人相占いの特徴

人相占いは、面相学、人相術、観相学などとも呼ばれています。
顔の形状から、その人の性質や運命を判断します。

 

人相の歴史

人相の歴史は古く、今から4500年ほど前といわれています。
その時代の古代中国の史跡の中から、人相の研究があったことが発見されています。
日本の人相は中国の相法をもとにしており、中国の漢代より伝えられ発展してきました。

日本では江戸時代の中期に観相家・水野南北が活躍しました。
彼は「現代日本の人相占いの元祖」とされており、
著書である『南北相法』は手相学の古典となっています。

 

人相占いの手順

人の外形(顔や目、鼻、口などといった各部分の形、広くは身体も含む)から、
内面(心、性格、行動)を読み取ります。

顔を上・中・下の3つの部分にわけ、
上部を上停、中部を中停、下部を下停とするのが一般的です。
上停は幼・青年期の運勢、中停は中年の運勢、下停は晩年の運勢を見る部分とします。

 

人相占いの属性

相術

 

原稿料御見積

掲載する媒体やテーマ数によって、原稿料が変わります。

詳しくはお問合せください。

 

Copyright© 2012-2015 プロ占い師による占いコンテンツ制作 All Rights Reserved.